ホルモンは放るもん?

毎度です!焼肉屋さんのパートナー「PFC」の弓場でございます!

内蔵はかつて食べずに捨てられていたので、関西弁で「放るもん」(捨てるもの)と呼ばれていたのが訛ってホルモンになった…なんて聞いた事ありませんか?

ホルモンと言われる様になったのは色々あると思いますが、最近は体内で分泌される化学物質を表すドイツ語の医薬用語「Hormon」が滋養強壮を連想させるとして、スタミナ料理全般をホルモン料理と言うようになったらしいです。

放るもん?何てとんでもないですよね!今や、牛さんが仔牛の時点の取引からとんでもない値段が付くこともあり、牛さんを肥育する農家が悲鳴を上げているような状況です!そんな牛さんのホルモンを弊社は大事に大事に扱っております。現在は、京都、大阪、兵庫(三宮近辺)で営業させて頂いてますが続々配達エリアも拡大中です!ホルモン、お肉のご相談ならいつでもお問い合わせ下さいね!各地担当営業マンが熱意を持って対応させて頂きます❗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です