美味しい焼肉の食べ方

こんにちは。株式会社PFCの國木と申します。
大阪を中心に新鮮なホルモンや極上な黒毛和牛、国産牛、輸入牛を焼肉店様へ提供させていただいてる会社です。
今回は誰でも簡単にできる、美味しい焼肉の焼き方をご紹介させていただきます。
焼肉にはタレと内臓肉があります。
タレに漬け込んだ肉を焼くことでメイラード反応を促し美味しく焼くことができます。
そして、内臓も焼肉の醍醐味です。
ホルモンやレバー、ミノなどですね。
焼肉には多くの肉の種類がありそれに適した焼き方があります。これから書く事を参考にしてお試し頂ければと思います。
よく裏返すのは一度だけと聞きますが個人差があると思いますので省かせていただきます。
肉の種類も豊富なので焼き方も豊富です。
その中でも人気部位をいくつかピックアップした焼き方をまとめました。
カルビ
基本的に脂の多い赤身肉という認識でよいです。肉の厚みによりますが表面をカリッと焼いて裏返して全体に均一に熱を通しましょう。
肉が薄い場合は表面がカリッとするまで焼くと焼きすぎなので注意です。
ロース
カルビに比べて脂の少ない赤身肉の認識でよいです。
脂が少ないので両目をさっと焼くぐらいで表面が焼ければいいぐらいの感覚です。焼きすぎは禁物です。
タン
タンは分厚いものは弱火でじっくり焼いた後すぐに食べずに肉を休ませて肉汁を落ち着かせます。
薄いものは片面だけ焼いて火が通ればokです。
ホルモン(小腸、大腸、丸腸)
強火だと脂が落ちてしまいますから、中火でじっくり焼いて脂を暖めていきます。しっかり面倒を見て育てれば脂はそのままに口溶けはトロけるようなホルモンが味わえます。
今回は以上です。
当社はホルモンの卸会社として1番を自負している会社です。ホルモンは豊富に取り揃えていますのでホルモンなら株式会社PFCへよろしくお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です